注文者から120万円の資材提供があった場合、工事代金が400万円だから建設業許可は不要?

答えは×です。建設業許可が必要となる500万円以上の工事には、資材提供があった場合、材料の価格を工事代金に加えて判断することになります。材料の価格は市場価格です。また運送費や消費税も工事代金に加えて判断することになります。

建設業法施行令

(法第三条一項ただし書きの軽微な建設工事)

第一条二

~中略~

3 注文者が材料を提供する場合においては、その市場価格または市場価格および運送費を当該請負契約の請負代金に加えたものを第一項の請負代金の額とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です